マーケティングが選ばれる理由

 

マーケティングなら実践→成果になる

「マーケティング」には、いろいろな要素が含まれています。

そして最近マーケティングは企画に置き換えられることが多くなりました。

確かに、企画も、マーケティングと言えますが、このような活動はマーケティングのごと一部です。

マーケティングとは、『企業が市場を創造していくための売れる仕組みづくり』です。

売れる仕組みだけではなく、その仕組みを作ることがマーケティングですので、実践が伴います。

アイデアから実践まで、そして成果へ繋げるトータルな活動をマーケティングと呼びます。

 

 

実践型マーケティングの4つのポイント

 

マーケティングとは市場を創造するための売れる仕組み作りです。

その仕組みを作るために必要なのは4つのポイントです。

  1. コンセプト ターゲット 3.プロセス 4.ツール

マーケティング活動を行うと、いろいろなアイデアが出てきます。

そのアイデアは、実践することで成果へと繋がります。

いろいろやれるからこそ、整理して、無駄のない活動をしないと、時間と費用がかさんできます。ただ、「やってみよう!」ではなく、論理的にプロジェクトとして、考えることが重要なのです。

考えは、4つのポイントにまとめることで、実践的スキルが身に付きます。

社員全員が社長とともに、スキルを身に付け、誰でも論理的にプロジェクトとして、実践することができればおのずと成果は上がっていきます。

私は、今までその成果を多くの企業様から見せて頂きました。

・実績紹介

 

 

具体的なプロジェクト×マーケティングの実践が継続へ 

 

そして実践をしていく上で重要となるのが継続です。

1回目のイベントで、集客に成功した企業が2回目で集客できなくなるのはよくある話。

2回目の集客も成功させるには、大手とは差別化できるあなたの会社なりのマーケティング機能を持つことです。マーケティング機能は3つの関係性が出来上がるとよそが真似のできない継続的な活動となります。

この3つの関係性を作り上げなかったことで、中小企業の社長は、勘を頼りに進めていくしかなかったのです。

現在改めて「マーケティングの必要性」が強く言われる理由はこの頼っていた勘によるマーケティングとは、本来の実践型マーケティングに移行して成功している会社が表れていることによるもの。

 

 

中小企業の皆様へ

 

サマンサハートは価値を伝えるために、見える化し、ビジネスパートナーとして、実践型マーケティングを提供します。