2.ダサくならない!
わかりやすく興味をひくセミナータイトル

セミナーについて興味がわくのは、セミナータイトルを目にした時、
そして「ん!」と気になった時です。
セミナータイトルを見た時、興味を持ってもらえることで、
「何が書いてあるんだろう」「どんなことなんだろう」と
セミナー内容を読み進めてもらうことになります。

いくらセミナー内容が素晴らしいとしても、
内容を見てもらう前にお客様の気持ちが離れていってしまえば
あなたのセミナーの参加申込は増えません。

だからこそ、セミナータイトルにはこだわりを持つ必要があります。

セミナー内容の軸が見えてきたら、
それがコンパクトにまとめて表現した「タイトル」を決定します。

タイトルの作り方

1.わかりやすい
初めに目にした時そのタイトルを一読して、
伝わることが大切です。
サマンサハートでは、セミナー内容の軸に合わせて、
タイトルを10個以上作ってみます。
うまく一読して伝わるように表現できたほうがいいですよね。
皆さんが見てくれた時を想定しながら、作成してみます。

2.参加者にとって魅力的
わかりやすさと共に大切なのが魅力的なこと。
分かりやすいだけのタイトルは、どこにでもありがちで、
また説明的なタイトルができることがあります。
説明的なタイトルは、簡単にいえば「ダサい」タイトルという
イメージでしょう。
「ダサい」を超えるポイントは、
・内容を知りたくなる(期待)
・見た人が勝手にセミナー内容について想像できる(予感)
・感情が入ってることで知りたくなる(好奇心)

上記3つのどれかが当てはまるか
セミナータイトルを確認してみましょう。

魅力的なタイトルにするってことは、
相手に伝えるメッセージを創ること。
メッセージと考えると、
タイトルのたった一言だけではなく、
サブタイトルをつけることも考えてみましょう。

さらに注意をしてほしいのが、
告知文とセミナータイトルは違う!
ということです。
集客を考えながらセミナータイトルを考えると
WEBでの構成も考慮するかもしれません。
セミナーのタイトルを付ける今の段階では
WEBはあくまでも集客ツールと考えてほしいです。

タイトルでお客様の気持ちをキャッチできますが、
集客はタイトルだけの、1(ワン)チャンスのみではありません。

お客様の心を育てるようにセミナータイトルと
WEBで届ける言葉は使い分けていくことで
情報発信の幅も広がっていきます。

 

セミナー集客を成功させるちょっとしたコツ 10

1.ターゲットの設定で気が付いた、はっきりする「セミナーの軸」
2.ダサくならない!わかりやすく興味をひくセミナータイトル
3.参加者も注目の日時と会場!選定方法の基準
4.要チェック!成功している人がやっている集客告知方法
5.集客活動の30日間で120%フル活用するシートの公開
6.顧客心理に目覚めると集客できる!チラシ・DM作成
7.手ごたえありのWEBをつかった自社で行うセミナー集客

 

 

Comments are closed.