展示会で成功している企業様は

「行動」→「失敗」→「やり方を変えて、行動」

を繰り返して、発展性のあるクライアント様を獲得し、
最終的に望む成果を実現しています。

展示会集客ツール作成に時間をかけすぎない

ご参加したことのある企業様はご存知ですが、展示会までの時間は有限です。

ゆっくりと構えているとあっという間に開催日になってしまいます。
最近では、商工会様などが連携して展示会の出展をサポートしてくれる
企画もある程、展示会の準備やプロセスは重視されています。

重視される理由としては、自社単体で行動を起こすより
断然成果が上がりやすい結果が出ているところです。
プロセスに関しては、見落とすことのできないポイントとなっています。
例えば、ご案内DMを出す時に、リストを作成しなったとします。
リストなんてつくらなくてもDMは出せますし、リスト全体に広報しておけば、
問題ないと考えがちです。

ですが、持っているリストすべてに出すことで無駄な経費をかけることになるとことは、
まあいいや、で済まされないことです。
さらにリストからピックアップしないことでターゲット設定が大きくなり、
顧客の心にヒットするキャッチやコンテンツを生み出せません。
展示会集客ツールはそれだけ重要なもの。
余計な時間をかけないためにも、展示会までの時間は有効に使いたいものです。

モチベーションの上がる展示会準備のコツ

しっかりと重要な内容に時間を割きたいからと
「優先順位の低いもの」から準備をすることはよくあること。
準備の方法なんて「目指す成果とはあまり関係ないこと」のようですよね。
実は簡単なものや優先順位の低いものから手をつけると、モチベーション
が続かずに挫折しやすいのです。
では、
モチベーションを維持したまま、展示会出展準備をする方法とはどんなものでしょうか?

展示会出展のコンセプトとターゲットを明確にするところからのスタートをお勧めします。
コンセプトは「自分たちがいま、何を伝えていくのか」を理解することから。
展示会会場のどのような方々が多く来場するのかによって、ターゲットを設定できます。
一番出会いたい顧客の設定をしていくことで、「どこを目指すのか」がはっきりしていきます。
ご案内などはその設定に合わせて作成をすることになるので、
コンセプトも具体的になります。

BtoB企業の展示会出展は、プロジェクトを組むこと

プロジェクトチームリーダは成果に対する課題をピックアップする必要がある。
また、顧客向けに複数のWebサイトを展開している企業は多い場合もあり、
コンセプトとターゲット設定を明確にせずに準備をしていけば、
当然時間経費も大きくなって行きます。
例えば、顧客営業向けサイト、マーケティングサポート向けサイト、
技術者向け情報サイト等、それぞれに展示会情報を切り口を変えて発信することとなる。

これらの情報ポイントがまったく異なるケースに対して、
全て対応することは時間経費の無駄使いとなってしまう。

 

展示会マネジメントに関しては、「自分たちがいま、何を伝えていくのか」を理解すること。
「どこを目指すのか」を明確にすることが極めて重要です。
その上で準備を一つひとつの取り組みを積み上げていく必要があります。
展示会のBtoB向けマーケティング支援は、始まったばかり。
新規事業を提案したい、また、新たな展開を求めている企業への
アプローチを教誨していけますね!

Comments are closed.