こんにちは!
新潟の中小企業集客企画プロジェクトマーケティング、
サマンサハート高橋です。

商品を販売している店舗の集客マーケティングを実施いたしました。
今回は雑貨店店舗様です。

雑貨を中心とした商品の販売で売り上げを上げている店舗さんです。
今回のご相談をいただいた店鋪A様は、
今までの女性集客を拡大させたい考えでした。

お会いしてすぐに質問から始まりました。
「店舗ではマーケティングは必要なのか?」とのご質問です。
代表は「マーケティングは市場調査だ」ともおっしゃいました。

そこでマーケティングについて話したのは、
市場調査も含む売れるまでのしくみを
つくる活動だとと話ししました。

すると、代表が今まで聞いたことのあるマーケティングについて
お話くださいました。
そのマーケティングは基本を覚えるマーケティング
だったのです。
なので、学びのマーケティングでした。
もう10年以上も前になると思いますが
マーケティングの講座に参加した事のある企業様は
マーケティング用語を勉強して来たという感じでの
学びのマーケティングではないでしょうか?

現在のマーケティングは
その学んだマーケティングの内容をうまく活用して
自社の成果につなげるスタイルへと進化しています。

一部ではそのマーケティングの内容を
自社オリジナルのマーケティング活動や集客をシステム化へと
変化させている企業も増えてきています。

さらに、製造業様では製造部門でも、
製品企画に重要なリサーチを含めたマーケティングを
実戦的に使える社員さんを増やしている企業もあります。
そうです。製造業の営業部ではなく
製造部門にマーケティングを落とし込んでいるのです。

今回はアイテム数の多い商品販売をする店舗での
集客マーケティング活用方法のご紹介です。
店鋪の集客をマーケティング勉強会の流れに合わせ
理解をすると、
・ターゲティングをしなさい
・絞込みをしなさい
・ペルソナを考えましょう
とターゲットを絞りこむ話しをされます。

確かにターゲットの絞込みは重要です。
今回の代表は、
「講習会に参加していた。絞込みが重要だと思う。
だが理解出できたが、絞込みが方法が
わからなくなってきた」とのこと。

商品の品種、品目などが豊富な店舗には、
絞り込みをすると、売るものがなくなるから、
なにを売ったらいいのか分からないという
矛盾がおこってきます。

代表は今まで
沢山のマーケティングの勉強をしてされきているので、
実践をしていく中で「絞込みをすること」は
売り上げや集客に上手く結びつかないと
思ったのだそうです。

店舗の場合、品目数の多い店舗だからこそ、
顧客年齢層の幅はとても広いです。
ともすると20代〜50代という顧客グループを
いくつもまたぐ客層をお持ちの店舗さんもいます。
そんな店舗の様では客層を絞りこむのではなく、
期間を限定して商品を絞りこむのが需要です。

店舗の集客マーケティングでした!!

 

*******************************

【お知らせ】
□顧客拡大や業績アップに関する
集客サポートサービスを提供しています。
http://www.samanthaheart.com/service/marketingproject/

□2019年は提案力を強化してみませんか!
http://www.samanthaheart.com/service/ureru-marketing/

*******************************

 

Comments are closed.