昨日のブログの続き)

 

■コーヒー1杯でも、マーケティングが存在する

 

さて、今や日本のコーヒー消費量は、
2013年から4年連続過去最高を更新していると発表されています。

 

その一因は、
「コンビニコーヒーの飲用杯数拡大」があります。

セ●ンさんが2013年1月からセブ●カフェを発売開始したので、
それ以来毎年消費量が伸びているんです。
やはりコンビニコーヒーが取扱開始され、
セ●ン以外の各社コンビニも取扱いしたことは、
大きな要因だと思います。

コンビニコーヒーは、1杯100円で淹れたての美味しいコーヒーが飲めます。

 

各コンビニ、豆にもこだわっているので、
本格的にコーヒーの味を比較したい場合は
ネットで 〔コンビニ コーヒー 比較〕 とかで検索すると
具体的な味の違いが出てきますので、どうぞそちらをご参考に。

何でも美味しいと感じる、舌の肥えていない人間で申し訳ないです。。。

 

ここまでは余談で・・・

 

 

ではコンビニ大手が販売しているコーヒーの販売企画は、
味以外でどのような違いがあるのでしょうか?

 

・セ●ン→朝飲んでもらうためパンと一緒に朝食時間帯にセットで安く販売、5杯で1杯無料

 

・ロー●ン→店員が淹れてくれ自分で淹れる手間が省ける、トレーに乗せて出してくれるカフェ感

 

・ファ●マ→キャラメルパウダーやバニラパウダーなどオリジナルなトッピングができる、味の変化

 

ほんの一部ですが個人的見解の比較を上げさせてもらいました。

 

 

まさに、これが「マーケティング的戦術」です!!

 

 

飲み物としては同じ「コーヒー」でも、
味だけではなく、販売方法など様々な違いがあります。

どんなお客様にどのように買ってもらいたいか、
各社マーケティング的戦術が違うのがよく分かりますね。

 

もちろん、コンビニにあるマーケティング要素は、
各社のコーヒー販売企画だけでは無いです。

 

明日のブログに続く)

Comments are closed.