こんにちは!
新潟の中小企業集客企画プロジェクトマーケティング、
サマンサハート高橋です。

WEBが中心で研修もオンラインになっている時代に

いまや、WEBが中心で研修もオンラインになっている時代に
今の社内研修をしているのか、と言われそうですが、
社に研修の成果は大変大きなものとなっています。

当社では、マーケティングを活用して事務、営業、工事、製造に関わらず
社内外で必要な企画を立案できるようになる社員を育てる研修を行っています。
マーケティングができると、無駄なく無理なく動けることが分かっていますので、
企業経営において「人材育成への投資」となる研修は重要な部分です。
しかし、企業にとっては、研修会はデメリットとなることもあります。

そこで今回は、企業内研修のデメリットをメリットに変えた事例について
お伝えしていきたいと思います。

社内研修のデメリットを明確にして

社内研修のデメリットと言えば、刺激が少ない、環境に変化がない、などを
言われ、参加者のモチベーションも上がりにくいと言われます。

そのデメリットをメリットに変えた企業様がいます。

確認のため・・・
当社の事例では、セミナー中心に事例をお出ししているのでサイト内では仮名となっています、ご理解くださいマセ

A社様も、社内の人間が研修を企画したり、講師になり、実体験を中心に
社内研修を行っていました。
もうそれが20年以上続いていたので、
新たな研修スタイルを取り入れ、会社全体のステージアップを希望していました。

社内研修がデメリットと言われるワケ

社内研修では、どうしても「フレッシュさ」「新鮮味」に欠けやすく、
受講者のモチベーションが上がり切れなかったりする傾向は良くあることです。
また、研修時間もタイムスケジュールが明確になっていないことで
だらだらとした研修会や参加者はただ聞くだけでディスカッションができない等の
盛り上がりに欠ける研修となりがちです。

理由は、環境の変化がないことだと言われています。
社長さんでしたら、一度はハワイなど全く違う環境で
缶詰の研修会を受けたことがあるのではないでしょうか?

そのような研修会では、時間が自由にならず、
会社との連絡も遮断され、不自由な思いをしたことがあるのでは。
ホテルなども大きな扉を閉められると逃げることができないと思う所もあります。

意外と環境を変えることで、受講する意識は高まると
以前から多くの代表からご感想をお聞きしています。

社内研修のメリット

では、環境を変えると研修会を受けた社員は士気が高まり、
自ら動くようになるのでしょうか?

実は、会場を変更しなくても社内研修を行うことはできます。

それでは、社員のモチベーションが上がるのはどんなときなのでしょうか?
ポイントは、刺激がない、変化がない、結果に繋がりにくい研修会の
デメリットを解消していくといいことになります。
外部の人間を社内に入れて研修を行う方法で研修会を
メリットのあるものに変えていたのが、A社様でした。

この写真はイメージ写真です(^o^)

社内研修を行ったのはメリットの方が大きかったから

A社様で社内研修を行ったのはピックアップしたデメリットよりも
メリットの方が大きかったからです。
研修会ではディスカッションをする時間を持つことが最近の傾向にあります。
上司や講師から話を聞くばかりではなく、
自分なりの意見を持ち、
優秀な社員や上司のノウハウや知識を共有できるというメリットがあります。
また、社内で行うため交通費などの負担が少なくなります。
それは研修時間の短縮にもつながります。

もっとも大きな社内研修のメリットは、
部署を超えての情報共有となります。
A社様は、大きく3つの事業部で動いている会社です。
またその業務分野は3つの業務にわかれています。
社員様は50名弱の会社様ですので以前より社員間の情報共有にも悩まれていました。

研修では事業部を超えた研修を行ったことで、
社内の業務改善もできたのです。
東京などで研修を受けると専門的な内容を受講することは
できるのですが、同時に社内環境の改善までは
難しいこととなります。
なので、本格的にスキルアップをさせたい研修では
社員全員で参加するように促している研修が多いのだと思います。

社内研修では、費用を抑えつつ自社内特有のフローややり方も
同時に構築することができて、研修時間の短縮にも繋がります。

社内研修のメリットを社員に伝える

A社様は、その研修に社長がオブザーバーで参加することとなりました。
研修内では社長は意見をしないということです。
ですが2回目の研修の時に、研修スタート時にコメントがありました。
「この研修は東京の研修を社内に持ってきたもの。
東京でも受けることができる。
なで自社で開催したのかというと、社員同士でのディスカッションで
私にも気が付かなかった視点で新たな実施プランを立ててほしかったから」
とのはなしでした。

研修会での結果の出し方

社外の人間(=その道のプロの講師)を招いて企画できることは、
それまでになかった発想やスキルを学ぶことができるチャンスとなります。

当社の研修は実践でも最前線でかなり動いているマーケティング事例を
多く発表していくので、最新の情報や経験を参加者が吸収しやすいのです。

また、研修会ではディスカッションの時間を持つことが重要です。
普段話さない人との話し合いは、普段とは違う環境を生み出します。
また、ディスカッションはある一定の課題があることで有効に社内共有が生まれます。
マーケティングの研修での一定の課題とは「事業の拡大」です。
事業の拡大から細分化した目標を設定することで、
社員個人個人の課題を見つけることができます。
とても新鮮でモチベーション向上につながる研修会を実行できるようになります。

まとめ

最後に、社内研修では、
社外に重要データが持ち出されないメリットがあります。

このように、社内研修にもメリット、デメリットが存在します。
マーケティング研修のような実践に関わるものは特に社内研修が効果的です。
新人研修などは社外研修であることにより、会社のポジションを明確にします。

両方を効果的に使い分ける研修選択手段を持つのがベストですね。
今回は社内研修についてでしたが、
社外研修を体験してきた社員が社内研修を実施する企画なら、
新たな視点も生み出せると思います。

社内研修の大きなポイントにしていただけるといいなと思います。

 

成功するBtoB企業のマーケティング強化セミナー&説明会
 ↑2018年、今年こそホンモノのマーケティングを!と思う代表へのご案内です!

売れるマーケティング塾

 

 

 

 

Comments are closed.