こんにちは!
新潟の中小企業集客企画プロジェクトマーケティング、
サマンサハート高橋です。

最近、BtoB企業様の中に、
マーケティングに本気で取り組む企業が急速に増えて来ています。
きっと企業の最大の弱点が「マーケティング」って知っている社長さんが
増えてきているんだと思います。

マーケティング部門の作り方を教えてほしいという問い合わせを
当社がもらうってこと自体からもそうなんだと感じます。

マーケティング部門を作りたくてもどのように行っていくのか、
また、どんな組織を創って良いかわからない、
どんなメンバーを集めれば成功するのかわからない、
という企業様が、実は!いらっしゃるってことなんですよね。

これは先輩のマーケターから先日東京に行ったとき
教えてもらった話ですが、
・定義されたマーケティングがなくなってしまった
・マーケティング戦術が毎回バラバラだから成果にならない
ってことが理由とのこと。

これって、マーケティング一番重要な部分じゃないですか!!
と思いました。

 先日開催した売れるマーケティング塾の準備風景

定義されたマーケティングがなくなってしまった

そんな中でも、自社が大事にしていきたいと思っているのが、
「わかりやすく実践的なマーケティングの定義によっていつも同じように動けること」
です。

ですが、現在、
〇〇マーケティングってよく聞きませんか?

いろいろありすぎて、そしてすべてがマーケティングにつながっているため
どれも必要に感じるってトコロです。
でも、マーケティングって「売れる(売れ続ける)仕組み作り」です。

売れるという成果につながっていることと、
〇〇マーケティングと言ったようなある一部ではなく、
マーケティング全てが企業様にとって必要なこと。

もしかしたら、御社のサービスや商品が最近売れなくなってきているなら、
〇〇マーケティングと言ったようなある一部のマーケティングに特化したから
かもしれません。

マーケティングに本気で取り組む企業が急速に増えているのは、
最近は、マーケティングの定義を見直している企業様なのかもしれません。

 

売れるマーケティング塾

Comments are closed.