こんにちは!
新潟の中小企業集客企画プロジェクトマーケティング、
サマンサハート高橋です。

マーケティング部門を持つ利点

最近、BtoB企業様の中に、
マーケティングに本気で取り組む企業が急速に増えて来ています。
きっと企業の最大の弱点が「マーケティング」って知っている社長さんが
増えてきているんだと思います。

サマンサハート(以降、当社)は、BtoB企業様社内にマーケティング部門を
持ってほしいと考えいて、
クライアント様とはその部門の構築を目標にしてもらうこともあります。

マーケティングは製品開発、価格や流通の販路の決定についても
関与のできるものです。
マーケティング部門をつくることはその部門をつくるプロセスがまさしく
マーケティングです。
どんな組織を創っていきたいのかを考えることはコンセプト設計となり、
どんなメンバーを集めれば成功するのかを考えることは戦略へと
繋がっていきます。

現在のビジネス情報の中ではそのイメージが
BtoB企業様い少ないと訴えている記事が多いと感じています。

今のマーケティングはあるいち部分だけ

これは先日東京に行ったとき、
先輩のマーケターから教えてもらった話ですが、
いま、定義されたマーケティングがなくなってしまったとのこと。
マーケティングのあるいち部分だけを見ている活動が増えていると言うのです。

〇〇マーケティングという言葉です。

もともとマーケティングは戦術を組み合わせて活動していきます。
たった一つの行動だけではなく、組み合せてもうまくいく理由は
戦略が決まっているからです。
その戦略は、市場の状況を理解していくことで裏付けとなります。
マーケティングはたった一部ではないということです。

ですが、〇〇マーケティングとなると、
マーケティングの一部を指すこととなります。
当社で使っている「イベントマーケティング」などはそれに当たります。
イベント分野だけに特化しているサービスです。
活動の内容はマーケティング全般だったとしても、
イベント分野を中心に売れる仕組みをつくっていくこととなります。

 先日開催した売れるマーケティング塾の準備風景

 

マーケティングはこれ!は、ともともない

特化したマーケティング活動だけがクローズアップされている
今の時代ですが、もともとマーケティングには明確な定義は
世界的に共通されたものは無いのだと思います。
とは思いますが、私がサポートさせていただいているのは実践型マーケティングで、
研究者ではないのでもっと具体的な話をしていきます。

〇〇マーケティングに特化するワケ

特化したマーケティング活動だけがクローズアップされているのは
マーケティングがBtoB企業の目的に合わせることができるから。
変化しているマーケティングが現在〇〇マーケティングを主流とするなら、
その時流に合わせて、変化することができるのがマーケティングです。
そんな中でも、自社が大事にしていきたいと思っているのが、
「わかりやすく実践的なマーケティングの定義によっていつも同じように動けること」
です。

〇〇マーケティングはわかりやすく実践的なある一部の
マーケティングだとしたら、扱いやすい!

いろいろありすぎて、そしてすべてがマーケティングにつながっているため
どれも必要に感じるってトコロを扱いやすくしたのが〇〇マーケティング。
でも、結果的にはマーケティングって「売れる(売れ続ける)仕組み作り」です。

売れるという成果につながっていることと、
〇〇マーケティングと言ったようなある一部ではなく、
マーケティング全てが企業様にとって必要なこと。
だから、マーケティングを勉強する必要があるのだと思います。

まとめ

自社のサービスや商品が最近売れなくなってきているなら、
〇〇マーケティングと言ったようなマーケティングを
いくつも使ってマーケティングが活用できます。
自社のマーケティング解析をし、マーケティング戦略を立てて、
WEBマーケティングを戦術として、イベントマーケティングを継続的に行う。
こんな特化型が生まれています。

マーケティングの手法はいくつも使ってもらいたいです。

そして、マーケティングに本気で取り組む企業が急速に増えているのは、
最近は、マーケティングの定義を見直している企業様なのかもしれません。

 

売れるマーケティング塾

Comments are closed.